ハロウィン仮装2015【白雪姫編】



「お姫様」という憧れの存在になりきれることから、毎年たくさんの女性や女の子たちが仮装にチャレンジしている「白雪姫」。今回は、白雪姫の様々なハロウィン仮装と、白雪姫に登場するキャラクターのハロウィン仮装をまとめてみました。

ハロウィン仮装 2015 白雪姫

白雪姫の概要


白雪姫は、1937年にアメリカで公開、日本では1950年に公開されたディズニー映画です。ちなみにこの作品、世界初の長編アニメーション映画ということで、今の長編アニメーション映画の先駆けとなった作品でもあります。

白雪姫の簡単なあらすじ


主人公である白雪姫は、継母から容姿の美しさと優しい性格を妬まれてしまい、ついには命までをも脅かされてしまいます。



そんな白雪姫は、森の奥へ身を隠し、そこで出会った7人の小人達と楽しく暮らし始めるのですが、そんなある日、老婆に姿を変えた継母が白雪姫の前に現れます。



そして白雪姫は、継母が持ってきた毒リンゴを食べてしまい、命を落としてしまいます。そんな時に王子が現れ、白雪姫にそっと口づけをすると、白雪姫が目を覚まし…


 
スポンサードリンク


白雪姫のハロウィン仮装まとめ


まずは、この物語の主人公である、白雪姫をイメージした様々なハロウィン仮装からご紹介していきたいと思います。


ロングドレスの白雪姫


トップス部分が青と赤、スカート部分が黄色のロングドレスを身につける、作品中でもよく登場するタイプのハロウィン仮装です。

ミニドレスの白雪姫


先ほどのロングドレスと色合いは同じですが、スカートの丈が短い、セクシー度の高いミニドレスを着用するタイプのハロウィン仮装です。

黒×黄色のロングドレスの白雪姫


トップス部分が黒と赤、スカート部分が黄色のロングドレス身につけたハロウィン仮装です。

王子のハロウィン仮装


口づけで白雪姫を救った王子をイメージした、青の帽子とベスト、白のシャツとズボン、赤いマントを身につけた仮装です。

王妃のハロウィン仮装


白雪姫の命を脅かした魔女(継母)の姿をイメージした、黒とパープルのロングドレスと王冠を身につけた仮装です。

7人の小人たちのハロウィン仮装


作品中で白雪姫と森の奥で仲良く暮らす、ベージュの帽子を被っている「ドク (Doc) = せんせい」、茶色の帽子を被っている「グランビー (Grumpy) = おこりんぼ」、青緑色の帽子を被っている「スリーピー (Sleepy) = ねぼすけ」と「バッシュフル (Bashful) =てれすけ」、黄色の帽子を被っている「ハッピー (Happy) = ごきげん」 「スニージー (Sneezy) = ねぼすけ」、紫色の帽子を被っている「ドーピー (Dopey) =おとぼけ」の、7人の小人の服装をイメージしたハロウィン仮装です。


チャレンジしやすい白雪姫の仮装


白雪姫の様々なハロウィン仮装、そして白雪姫に登場するキャラクターのハロウィン仮装についてまとめてみましたが、いかがでしたか?白雪姫の仮装というのは、


女性にとっては憧れのキャラクターでもあるので、大人から子供まで楽しんでチャレンジできるものだと思いますし、登場人物全てにおいて、誰もが知っているキャラクターでもあるので、チャレンジしやすい仮装なのではと思います。




また、仲間同士で白雪姫の登場人物の仮装をしても面白いと思うので、2015年のハロウィンはぜひ、白雪姫の仮装にチャレンジしてみてください。

 
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ