ハロウィンメイク【赤ずきん編】


童話のキャラクターとしてとっても有名な赤ずきんちゃん。
コスプレキャラとしても定番の人気のようです。
意外と身近にあるものを使ってできちゃうのも魅力だったりします。


ハロウィン メイク 赤ずきん

『メイク編』




赤ずきんちゃんは小さな女の子です。


アイシャドウなどのポイントメイクに重点を置くのではなく、
ベースとなるファンデーションを丁寧に仕上げることで
赤ちゃんのような透明感のあるお肌を作りましょう。


下地とコンシーラを使ってお肌のあらを隠してその後ファンデーションを重ねます。


ファンデーションも艶のあるタイプではなく、マットな質感のものを選ぶと
より『小さな子どものお肌』っぽい感じに仕上がります。


後は、オレンジ系のチークをほんのり乗せてつけまつげで目もとをぱっちりさせます。


アイライナーを使いたい場合には、
リキッドよりペンシルタイプを使う方がより自然に仕上がるのでお勧めです。


口元はピンクの薄付きリップかグロスで仕上げます。

 
スポンサードリンク


『衣装編』



赤ずきんちゃんのコスプレのポイントは何と言ってもその名の通り『赤いずきん』。


これは赤い布があれば作れるので是非手づくりしましょう。


頭から被って、裾が肩の少し下くらいになるように調整するとバランスが良いです。


中に着る衣装はお好みのワンピースなどでOK。

メルヘンな雰囲気を持つ赤ずきんちゃんなので、白いフリルのワンピースはもちろん、
グレーのふんわりとしたワンピースも意外とマッチして可愛いですよ。


エプロンも一緒にコーデしても素敵です。



とは言っても、基本的に赤いずきんが印象的なので、
中に着る服はそこまで一生懸命こだわらなくても自己流で大丈夫です。

『小物編』



赤ずきんちゃんのコスプレで是非持ちたい小物が『バスケット(かご)』です。


絵本の中の持ちものとして出てくるので小道具としての可愛さはもちろんですが、
手荷物を持ち歩きたい時に違和感なくバッグとして使えるのでとても重宝します。


コスプレの時に、お財布やケータイ、カメラなどの現実的な手荷物の持ち運びって
意外と困りそうなものですが、
これならそんな問題も難なくクリアですね。


また、オオカミのぬいぐるみを一緒に持っちゃうのも面白いです。


絵本の中では悪者のオオカミですが、ぬいぐるみにしてしまうと何だか可愛く思えそうですよね。


子どもも大人もみんな知っている赤ずきんちゃん。
今年のハロウィンは絵本のキャラクターになりきって楽しんでみてはいかがですか?

 
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ