ハロウィンメイク【白雪姫編】


ディズニープリンセスの中でも人気の高い白雪姫。
おとぎ話のストーリーもドラマチックで印象的ですよね。
そんな白雪姫のコスプレポイントについてまとめてみました。


『メイク編』



白雪姫の髪の毛の特徴は綺麗な黒髪であること。

これはもともと黒色の髪の毛な事が多い日本人にとっては最大の武器です!
近年は黒髪がブームなので自毛のままの色という人も多いはず。


ボブの人はそのままでOK、
ロングの場合にはドラッグストアなどに『ロングヘアをボブヘアにアレンジ出来る』ヘアkリップなどが売られているので
それを利用してちょっと短くアレンジします。


赤色のリボンがチャームポイントなので、リボンを巻いて頭のてっぺんで結ぶか、
リボン付きのカチューシャをつけるなどしてヘアアレンジを完成させます。


メイクはシンプルに。

頬にチークを入れて、軽くアイライナーを引いて仕上げるくらいでも全然大丈夫です。



『衣装編』


ブルーとイエローを基調にしたドレスが白雪姫の特徴です。


パフスリーブの部分に赤色の切り替えがあるのですが、
これを自分で作るのは正直言ってなかなか至難の業です。


市販のコスプレ衣装を使わずに自作するけど、でもはっきりいって不器用・・・。


そんな場合にはフェルトをひし形状に切って
ブルーのパフスリーブ部分に縫い付けるか貼りつけるかしてもそれなりに見えます。


スカート丈はロングでボリュームのあるタイプが正解。


ちょっとふんわり感が足りないと思ったらインナーにパニエを履いてふんわりとさせましょう。


『小物編』


シンデレラを象徴するものと言えば毒りんご。
本当は魔女の持ちモノなのかもしれまんせんが、印象的なアイテムなので是非持ちたいところです。


でも本物のリンゴはちょっと持ち歩きにくい・・・。


そんな時はネックレスやリングにリンゴのモチーフを使ったものを取り入れてみては?


子ども用のおもちゃにはりんごなどをかたどったアクセサリーが意外と多いので
おもちゃ屋さんで探してみると気に入るものに出会えるかもしれません。


『番外編』


ところで、白雪姫といえば『7人の小人』ですよね。


大人数でコスプレが出来そうなら、
是非小人役の人も一緒にフルメンバーで楽しんで欲しいです。


白雪姫1人の時に比べてずっと迫力が増してお勧めです。



いかがですか。
プリンセスの中でも日本人が違和感なく楽しめそうなキャラクターナンバーワンの白雪姫。
黒髪のあなたは特に!是非挑戦してみてください。

 
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ